2007年12月07日

歴代優勝コンビの横顔  第2回 ますだおかだ

 第2回大会チャンピオンは大阪出身で松竹芸能所属のコンビ・ますだおかだである。コントもこなすが、主に正統派漫才を武器とする。増田の時事ネタも織り込んだ毒舌ボケに、岡田がオーバーアクション気味にツッコむ、というスタイルが特徴。漫才の冒頭では吉本興業を意識して「吉本興業のますだおかだです」とボケたり、「松竹芸能のますだおかだです」と皮肉っぽく自己紹介することがある。


 2人の出会いは大学で同じクラスになったことから。増田は岡田に芸能界入りを何度も誘っては断られたり、逃げられてきた。やがてお互いサラリーマンとして就職しても、増田は岡田にこだわるあまり上司が岡田に見えたこともあるという。(ちなみに増田のサラリーマン時代の同期に俳優・佐々木蔵之助がいる。)サラリーマン生活の中で後に再開した増田と岡田は、「仕事がおもしろくない」という岡田の一言をきっかけに脱サラし、93年に松竹芸能入りする。


 翌年には「ABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞」を獲得。テレビ朝日の勝ち抜きお笑い番組でもどんどん頭角を現し、「西の爆笑問題」とも言われた。96年頃の「ボキャブラブーム」「吉本2丁目芸人ブーム」の中では東京進出や吉本興業移籍を真剣に考えていたこともあるという。その後NHKの「爆笑オンエアバトル」での活躍をきっかけに、全国での知名度を上げた。


 第1回のM-1準決勝では、松竹の芸人として初めて「なんばグランド花月」の舞台に立つ。この時の決勝で優勝できなかったことで、漫才を本気でやめようかと悩んだ時期もあったという。翌年の第2回大会では本命と言われ、しかもデビュー10年目のがけっぷち状態で見事チャンピオンに輝いた。 

彼らが吉本興業主催の大会で優勝したことは、松竹芸能にとって記念碑的な出来事でもあった。


ラベル:M-1
posted by たかし at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴代優勝者の横顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。