2007年12月07日

歴代優勝コンビの横顔  第3回 フットボールアワー

 第3回大会のチャンピオンは大阪出身・吉本興業所属のフットボールアワー。ボケ担当の岩尾望(愛称「のんちゃん」)とツッコミ担当の後藤輝基のコンビだ。

 共に大阪NSC14期生で、中川家の3年後輩にあたる。もともとはお互いに別のコンビを組んでいた。岩尾は「ドレス」、後藤は「エレキグラム」。ちなみに岩尾の元相方は現在お笑いをやめ、漫画家として活動している。もともと仲の良い同期だった2人がお互いコンビを解散したことから、新しい相方として99年にコンビ結成に至った。しかし2人とも「コンビ組もか」と言い出せず、本人達いわく「付き合う前のカップルのような状態」だったらしい。

 また、共にボケ出身で、当初岩尾がツッコミを担当しようと思っていたが、後藤が「こんな顔のヤツに"なんでやねん"と言われることが"なんでやねん"や」という考えから後藤がツッコミ担当に。その後、後藤が岩尾を「ブサイク」「ハゲ」「気持ち悪い」などと言ってネタにするパターンが定着。岩尾の飄々とした雰囲気や独特なルックス、シュールなボケに対し、後藤の分かりやすいツッコミが入ることで、全体として正統派漫才のスタイルになっている。

 結成翌年にはABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞を受賞、そこから若手漫才師に与えられる数々の賞を総ナメにした。新人賞五冠を達成しているのはこれまでに彼らだけだという。

 第1回M-1グランプリでは結成2年目にして決勝進出6位、2回目決勝では2位まで上り詰めた。2003年の第3回大会で本命視される中、ついに優勝を手にし、一気に全国へと活躍の場を広げた。

 M-1優勝の翌年には上方漫才大賞を受賞しているが、結成5年目での大賞受賞は横山やすし・西川きよし以来の快挙である。その後2006年のM-1決勝大会に再びV2をかけて参戦したが、このときは2位に終わった。

まだまだ進化し続ける名実共に実力派の若手コンビだと言えるだろう。


posted by たかし at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴代優勝者の横顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。